簡単なダイエットで美しくなる方法のTOPに戻る

代謝の仕組みと向上

代謝の仕組みを考えてみましょう。
代謝とは、体を動かしたり内蔵が働く時にエネルギーを消費する生命活動そのもののことです。
それは新陳代謝という言い方もしますが、汗をいたり、髪が生え替わったり、また肌が再生する、脂肪を燃やすなどというのも代謝の作用によるものなのです。
人が寝ている間で、も代謝はちゃんと行われています。
この中で呼吸や体温調節など生命を維持するために必要とされている代謝が基礎代謝です。
消費エネルギーの70%を占めているのが基礎代謝ですが、男性は16歳、女性は14歳がピークだといわれています。
基礎代謝は遺伝によってその仕方が左右されるといわれますが、運動をすることなどで筋肉量を増やし、代謝を高めることはできるのです。
脂肪が燃焼しやすく太りにくい体質の持ち主である条件は、この代謝が高い人くて摂取したエネルギーを消費しやすい人だということになります。
代謝の低い人は脂肪が蓄積しやすく、体重が増加しやすい体質といえます。
一般的に筋肉量が少ない人ほど基礎代謝が低いというのが健康な人の場合の傾向です。
脂肪を減らそうとするあまり、偏った無理なダイエットをすると代謝が下がることになり、逆に脂肪を貯め込みやすい体質になってしまう場合もあります。
体温が低い、手足が冷える、肩こりや腰痛がある、また血圧が低い、少し食べただけですぐ脂肪が増えるなどの傾向がある場合は、代謝が低いことが原因でしょう。
内蔵脂肪型肥満と呼ばれる、特に内臓のまわりに脂肪がつくタイプの人は、生活習慣病にもかかりやすくなるので注意を必要とします。

ダンベル体操で代謝向上させることを実践してみましょう。
基礎代謝を高め脂肪を燃焼させるための運動としては、ダンベル体操が最適です。
ダンベル体操を行うと、筋肉の量増やす効果があり、筋肉のエネルギー代謝を高めることもできます。
代謝の高い体を作ることにダンベル体操を利用し、運動と組み合わせると、脂肪を効果的に燃焼させることができます。
運動によって脂肪を減らすのではなく、代謝の高い、脂肪のつかない体質へ改善することが、ダンベル体操の目的なのです。
基礎代謝を少しずつでも上げていくためには、ダンベル体操の運動を続けることです。
最初のうちに目に見える変化がなくても、筋肉を体につけることで座っているだけでも脂肪がどんどん燃える体になれます。
自分自身に見合った運動量をこなすことようにするためには、ダンベル体操をする時に、筋肉の発達に合わせて少しずつ重さを増やしていくことがポイントです。
ダンベル体操は毎日15分くらい、無理をしない程度に、とにかく続けることが大切で、それにより代謝を高め脂肪を燃焼させる体づくりが可能になります。
筋肉は、鍛えなければ老化が早くなるので、基礎代謝を増やして筋肉を増やすことが大切です。
そこで役立つのがダンベル体操で、脂肪のよく燃える健康な体を維持することができるのです。
普段からある程度の運動をする習慣がない人は、まずストレッチなどの準備運動で体を柔らかくしが方がいいでしょう。
その後で運動をすると、体にかかる負担を少なくしてダンベル体操がすることができます。

代謝向上とダイエットの関係を復習です。
人間の体は、消費するエネルギーより摂取するエネルギーの方が多い時、余ったエネルギーを脂肪として貯め込むようにできています。
ダイエットの場合は、どんな工夫をしてエネルギーの消費量を増やし、摂取量を減らすかがもっとも大切なポイントとなるのです。
食事を制限することで摂取エネルギーを減らすのはダイエットの大半のやり方ですが、食事の量を減らすだけで運動をせずにいると、脂肪は減らないうえに基礎代謝を低めることになるのです。
このようにして基礎代謝が低くなると、脂肪じゃ燃えにくくなり、体重も減りにくい体質へと変わることになるのです。
無理な食事制限をしなくても、適度な運動で基礎代謝を上げて消費エネルギーを増やすダイエットをしていれば、健康増進効果も得ることができます。
ダイエットにありがちなリバウンドの心配も、この基礎代謝を上げるダイエット方法でなら全くありません。
人間の消費エネルギーは約70%が基礎代謝です。
そして基礎代謝のうち40%は筋肉によって消費されます。
つまり筋肉が増えれば基礎代謝も増え、基礎代謝に使うために脂肪が燃焼します。
寝ている間も代謝は行われるというわけで、何もしなくても一定量のエネルギーが消費される体をつくることができるのです。
逆に筋肉が少ない人は代謝も低くなり、脂肪が燃えず体重は増加するばかり、ということになってしまいます。
ダイエットを効率よくするには基礎代謝を上げる事が大切なポイントです。
関連コンテンツ

体脂肪とダイエット時の心がけ

体脂肪とダイエットの関係を知っておきましょう。 食べないようにするダイエットでも最初のうちは痩せることはできますが、健康や美容にはよくない結果になるでしょうし、リバウンドの可能性もひそんでいます。 ・・・

食事の徹底管理がダイエットに直結

ダイエットは食事から!と言われます。 こところ太り気味だと気になりだした人がダイエットをしようとして、まず最初に頭に浮かぶのは、食生活のことではないでしょうか。 自分のやり方で極端に食生活にに制限・・・

ダイエット方法の工夫と落とし穴

ダイエット方法を工夫することについて話します。 食事や運動などの一般的な方法以外で痩せようとする人たちが取り入れているダイエット方法には、実に様々なものがあります。 その中には、日々の暮らしのなか・・・

やせるテクニック

やせたい人がダイエットをするときのちょっとしたテクニックを紹介します。 まずは食事について、1日に計画の中で食事の時間をきちんととっておくと、規則正しい食事を摂ることができるでしょう。 忙しさにか・・・

やせる生活習慣

生活習慣を改善するとやせることはよくあることで、肥満対策に生活習慣の改善を試みることは大切だといわれています。 それは親が太っていると子供も太っていることが多いことからもわかります。 肥満体質は遺・・・

太りにくい体になる

頑張ってダイエットできたとしても、また太ってしまっては意味がりません。 「太りにくい体」になるにはどうしたらよいのでしょうか。 太りにくい体とはそもそも基礎代謝の高い体のことをいい、基礎代謝を高め・・・

有酸素運動でやせる

やせる運動の中でも最も基本となるのがこの有酸素運動です。 この運動の目的はとにかく体脂肪を燃やすということです。 身体の中に酸素を取り入れながらゆっくりと全身を動かしていきます。 この代表的な運・・・

やせるメカニズム

世の中には「やせたい」と思う人がたくさんいます。 美容のため・健康のため・・・とその目的は様々ですが、では美しく健康的にやせるにはどうしたらよいのでしょうか。 真のダイエットとは、ただ細くなること・・・

やせたいと思う理由と太る理由

最近は、大勢のひとが痩せたいと思っています。 どうして、たくさんの人が痩せたい願望を持っているのでしょうか。 他人から見て、全く太っていないのに、本人は痩せたいと思っている人は多いはずです。 や・・・

スピードダイエットをした後は

短期のスピードダイエットと長期のダイエットには、それほど大きな違いはありません。 短期に目標を掲げて短期間にダイエットをするか、それとも毎月減っていく体重を決めて少しずつおこなうか。 どのみちスピ・・・

スピードダイエットのリバウンド

ダイエットは出来れば短期的に終わらせたい。 だから単品ダイエットなのでスピードダイエットしたものの、普通の食事に戻したとたんリバウンドする事はよくあります。 起こると分かってて、リバウンドを覚悟し・・・

短期ダイエットのコツ

ダイエットで最も望ましい方法は、体質の改善です。 そのときだけ体重が減っているというやせかたではなく、そのやせた体重を変化させることなくずっと維持しつつ、身も心も健康だといえる状態であることがダイエ・・・